広告

Quizknock伊沢拓司さんの記憶定着のコツ

この記事は約5分で読めます。

 「東大王」や「Qさま!!」などのクイズ番組、ユーチューブなどで活躍をするQuizknockを率いる伊沢拓司さん。

Quizknock・伊沢拓司さん

 幅広い知識で私たちを楽しませてくれていますが、どうしたらあんな風にさまざまな問題を即座に解答できるのでしょう?

レディ
レディ

 だってQuizknockは全員が高学歴のエリート集団。それに伊沢さん自身も東大出身なのよ? もともとの頭のデキが違うのよ。

バディ
バディ

 いえ、そんなこともありますまい。出来るようになるには何か秘密があるに違いありません。

記憶を定着させるためのコツ

 クイズのトッププレーヤーには共通点があります。それは、復習をすること。例えば、自分が出場したクイズ大会の録音を何度も聴くような復習です。

 大量の問題をものすごく高い頻度で解いていくという勉強法を採用したりしています。

 つまり、いやが応でも過去に間違った問題に何度も巡り合うので、そこにはやはり復習の要素がある。

 問題を解くだけのやりっぱなしでは、東大生だろうとクイズ王だろうとすぐに忘れてしまいます。「復習こそが記憶の王道」なのです。

“東大クイズ王”が机に座らないで勉強するワケ より

バディ
バディ

 録音して聞く、というのはいいですな。本を読む、書くなどの勉強は視覚情報に偏りがち。録音して音で聞くことで聴覚も刺激される。

 幅広く脳が刺激される方が記憶の定着もいいでしょう。

 僕自身も復習好きで、勉強の8割は復習でした。

 復習のいい点は、机に向かう必要がないことです。自分の頭に定着したかどうかのチェックですから、電車の中でもすぐに始められます。しかも、やればやるほど「できる、できる」という実感が湧きます。

 復習は、成功が約束されている勉強法だから、飽きずに続けられるのです。

“東大クイズ王”が机に座らないで勉強するワケ より

Mr・GO
Mr・GO

 復習こそが記憶を定着させ、頭に覚えこませる基本というわけだな。

 繰り返すことだけで覚えられるのであれば、極端な話誰でもできる。ただ繰り返せばいいんだからな。

レディ
レディ

 ちょ、ちょっと待ってよ! 確かにそれは効果的で王道かもしれないけど、それにだってコツつがあるでしょう? ただひたすら繰り返して、復習してって結構大変なんだけど!

クイズの復習で、重宝しているツールが表計算ソフトのエクセルです。

 左側の縦列に問題文を入力し、右側に答えを入力するというシンプルなもの。

 答えの文字色を背景と同じにすれば、答えが見えないドリルになります。1つのシートに15分ほどで終わる問題数を並べ、完璧だと思えるまでに反復したら、順番をシャッフルしてさらに復習します。

 僕の場合、一番頭に入るのは、答えを手で隠して一問一答形式で覚える方法です。

“東大クイズ王”が机に座らないで勉強するワケ より
レディ
レディ

 エクセルを使って一工夫しているってことね。でもこれって、やっぱり特別な勉強法って感じじゃないわね。

 やっぱり復習する、繰り返すことが王道で大切なのね。

暗記をすれば、内容が深まる

 伊沢さんはさらに、暗記をすることでより内容を深く理解できると言っています。

 その時に二つの暗記方法があるそうです。

  1. 「ミクロ暗記」
  2. 「マクロ暗記」
Mr・GO
Mr・GO

 ミクロ暗記とは、情報量そのものは多くないが、細部まで覚えておく必要性のある事柄のこと。

 英単語、漢字、歴史の年号などだ。一つ間違えただけで間違えになってしまうような正確性を求められるものだな。

 伊沢さんによれば、ミクロ暗記の復習頻度は 1日に2~3度だそうだ。

バディ
バディ

 マクロ暗記とは、ストーリーなどの全体像を覚えておく方法ですな。

昔話「桃太郎」で説明すると……

「桃から桃太郎が生まれる」→「村から出かける」→「イヌ、サル、キジを子分にする」→「鬼を倒して、金銀財宝を持ち帰る」

 という幹になるような大きな流れを頭に入れ、その後、細かな枝となる部分を付け足していくようです。

 幹となる大きな流れを覚えておけば、枝の記憶を引き出す手助けになるわけですね。

 ちなみにマクロ暗記の復習頻度は 3日に1度 くらいのようですよ。

 こうして幹が完成したら、枝になるサブ要素を覚えていくという作業です。

 実際にマクロ暗記に取り組むと、「幹の2と3はほとんど同じ内容だから、一緒にしよう」と気づくことがあります。暗記を通して内容の理解が深まり、いろいろ気づきがあるのも面白い点です。

“東大クイズ王”が机に座らないで勉強するワケ より
Mr・GO
Mr・GO

 こういう繋がりが見えてくると勉強は面白くなってくるな。

 ちょうど推理小説やドラマの終盤で、伏線が回収され、バラバラだったものがぴったりとハマるような感覚に近いだろう。

 勉強を面白くする下準備として暗記は必要だな。

まとめ

 いかがでしたか? 東大王・Qさま!!などで活躍する東大出身の伊沢拓司さんの勉強法、記憶の定着法は、復習を繰り返すというシンプルなものでした。

 何度も同じ問題をやり、確実に頭に入れていく。すると、しっかり覚えて、ある時繋がりにや共通性に気が付き、それがさらに深まる……勉強として良いサイクルを生んでいましたね。

レディ
レディ

 復習は大事だって」学校で教わったけどさ、もっと強調してほしかったなぁ、そしたら、あたしももっと出来たかもしれないのに……。

Mr・GO
Mr・GO

 今知れただけでも大きな意味がある。

 勉強はどんな時でも必要なんだからな。もし、次になにか勉強をするなら、徹底的に復習をすることだな。

コメント