【モデル】Cocomiさんの音楽家としての評価は? 足りないものは何?

この記事は約7分で読めます。


 木村拓哉さんと工藤静香さんの長女で音楽家であり、モデルとして華々しくデビューをしたCocomiさんは大きな反響を呼んでいますよね。
 両親譲りの美しい容姿でモデルをしつつ、フルート奏者として音楽家とのしての才能もある。文字通りの「才色兼備」と言ったところ。
 そんなCocomiさんは当面、モデルよりも音楽家を中心に活動していくそうですが、Cocomiさんの音楽家としての可能性はどれほどのものなのでしょう?
 文春オンラインの記事を参考に考えていきたいと思います。


「一部メディアは、Diorの関係者がCocomiのフルートの演奏を聴いて、デビューをオファーしたと報じていました。コンクールで最高位を獲得したことや、著名なフルート奏者のマスタークラスを修了したことなどがひときわ強調され、Cocomiがすでにフルート奏者としても有名であるかのような報道が多かった」(スポーツ紙記者)

《ココミ/音楽家。芸術への愛を伝えるディオール ジャパン アンバサダーに就任。幼い頃から音楽に囲まれて育ち、3歳でヴァイオリンを、11歳でフルートを始める。N響・神田寛明氏に師事しており、ヴラディミール・アシュケナージ、エマニュエル・パユのマスタークラスを修了。2019年、日本奏楽コンクールで最高位受賞、管楽器部門1位、フランス近代音楽賞受賞などコンクール入賞歴多数。

Cocomiフルートコンクールの審査員が告白 母・工藤静香「マジかよ! 信じられねえ!!」事件の背景より


バディ
バディ

 Cocomiさんは小さな頃から英才教育を受けていた。
 そしてコンクールなどでも高い評価をされ、各種賞を受賞していた、という風に紹介されていたわけですね。
 これは本当のことだと思います。
 しっかりとした教育がなければ、コンクールで受賞などもでるはずがありません。そして、評価されなければコンクールで受賞もないわけですから、実力が伴っていたのは間違いないでしょう。

 2人が出場したフルートのコンクールでの一幕を、コンクール関係者が語る。

「コンクールだと1位の子の名前は最後に呼ばれるのですが、心美さんの名前がそれよりも前に呼ばれた時は、『マジかよ! 信じられねえ!!』と会場の後ろから静香さんの声が聞こえてきました。隣で妹さんも『何考えているんだよ、先生と審査員がみんな悪い!!』と同調していた

「審査員の多くが、彼女が芸能人の娘さんだというのは知っていました。特に長い艶やかな黒髪が注目の的で『やっぱり髪の毛がちがうな』『キューティクルがピーンとしてる』『さらっさらの髪の毛だな』なんてみんな話していました。黒っぽいシックなドレスを着ていて、モデルさんのようにシュッとされていました。『ああ、芸能人の娘さんなんだな』というのは遠目で見ていてもわかりました

「課題曲はフュルステナウの『音の花束』と呼ばれているエチュード。その4番か10番を選んで吹くという課題で、彼女は4番を選びました。短調で、悲しげなテーマで始まるのですがメロディアスなパートもあれば技術が必要なパートもあり、その人の力を見るには非常にいい曲です。彼女は奇を衒うことはせず、淡々と、その曲の持つ良さを自然に吹いていて素晴らしかった。当時書いたメモには『その曲の持つべき”性格”を表現している初めての子だ』と書いてあります。噂に違わず上手だな、と。このまま全国大会にもいくかなと思っていました


レディ
レディ

 この様子をまとめると、

  • Cocomiさんは遠目で見ても目を引くほどの美人
  • その曲が持つ良さを自然に演奏できる実力の持ち主
  • 全国大会に行ってもおかしくないレベル

 ってところかしら。特に「その曲の持つべき”性格”を表現している初めての子だ」ということは、同世代の中でも特異な存在だったと考えることもできるわよね。
 しっかりその曲のことを掘り下げ、それを表現できる力を持っていたと考えられるんじゃないかしら?
 でも、実際の本選では調子がでなかったらしわ。


「パリ国立音楽院の作曲家が同校の卒業生のために毎年、課題曲を作るんです。その曲が東京本選の課題曲でした。1900年代に書かれた4曲から選択する形でした。Cocomiさんは予選で期待していたところからは程遠い出来だった。本選は正直期待していたほどでもなかったというか……」

一言で言えば『普通』。何かミスがあったわけでもありませんが、あのくらい吹ける学生は、世界に限らず日本だけでもいくらでもいます。審査員として1日に何人もの演奏を聴くので、上手くなければ記憶に残らない。歌手に例えれば、技術よりも先に『あの人は生まれ持ったいい声をしている』という天賦の才みたいなものがあります。しかし彼女の演奏からはそういう『説得力』や『表現力』が聞こえてこなかった


バディ
バディ

 この本選での低評価の原因と考えられているのが「ピアノ伴奏者との呼吸」が合わなかったことが挙げられています。

予選はソロ演奏なのですが、本選ではピアノの伴奏者が入るんです。予選のときはのびのびしていた彼女の演奏が、本選ではこぢんまりとして表現の幅も狭くなってしまったように感じました。他の演奏者と協調するには、個人のスキル以上に様々な経験や知識が必要なんです」(A氏)

 つまり、Cocomiさんはソロは得意だけど、ピアノ伴奏がついた、「誰かと一緒に表現する」というのが苦手なのではないか? と指摘されているようです。
 というのもCocomiさんは以前から

「高校では生徒会長や文化祭実行委員長をつとめ目立つ存在でしたが、自信家で気の強いところがありました。ご両親への配慮からかもしれませんが、レッスンや演奏会のとき他の子の演奏を聴くこともなく、自分の番を終えると帰ってしまう。ライバルの演奏を聞いたり指摘し合ったりすることで、他の生徒は自分の演奏と向き合っていたのですが……」(高校関係者)

 というように、他人との交流や高め合うような場が不足していたようなのです。
 これが、本選で力を発揮できなかった原因なのかと推測されいます。もちろん、ただ単に緊張しただけかもしれませんけどね。



Mr・GO
Mr・GO

 フルート奏者、音楽家として他人との協調ができないというのは致命的な感じもするがこうも書かれている。

Cocomiさんはしっかり努力しています。本選の課題曲はパリ音楽院で学んだ生徒のための課題曲なので、高校生が吹き切るだけでも大したものなんです。今後はその曲の持つ背景や作曲家についての知識、音楽の分野にとどまらない様々な経験を積めば、彼女の音楽も変わってくるかもしれない

 大学生になって、モデルをしたり、さらに経験を積んでいくことでCocomiさんの可能性は大きく開かれていくかもしれない、というわけだな。実際、木村心美としてプロオーケスラ団体「JPCO」のメンバーとして演奏も始めている。
 これらの経験が、Cocomiさんを一流の音楽家にしてくれるのだろうと思う。
 つまり、現状のCocomiさんは……

  • 今のところ音楽家としての実力は不十分
  • 努力はしているが経験が足りない
  • これから変わる可能性は高い

 と言ったところか。モデルよりも音楽家の活動を中心にしていくそうだし、今後の彼女の飛躍に期待したいところだ。

コメント