【女優】「劇団4ドル50セント」の安倍乙さんって、どんな人?

この記事は約5分で読めます。


 ロンドンハーツなどに出演して反響の高かった安部乙さん。彼女は秋元康さんがプロデュースする「劇団4ドル50セント」劇団員だそうです。そんな安部乙さんとは、どんな人なのでしょう?
 今回調べてみることにしました。

バディ
バディ

「劇団4ドル50セント」は1960年代の女性ロック歌手・ジャニス・ジョプリンが、死亡した時に手に握っていた小銭の合計金額から。秋元康さんによれば

秋元氏は「(ジャニスも)きっと何かを握りたかったんだろうと。僕たちも未来をつかむために何が良いかと考えた際、それを思い出した」と説明

https://www.sanspo.com/geino/news/20170824/geo17082405040004-n1.html より

 とのこと、強いこだわり、想いのこもった名前に感じますね。
 オーディションには約5000人が集まり31人選出
 このうち9割は演技の経験が全く無かったそうです。名前に劇団とありますが、演劇だけでなく、モデル、バラエティ番組への参加、音楽など幅広く活動をしていくようです。

 その劇団の一員である安部乙さんですが、まずプロフィールを見てみましょう。


広告

安部乙さん・プロフィール

  • 名  前  安部乙(あべ おと)
  • 生年月日  2000年1月18日(20歳)
  • 出身地   大阪府
  • 身  長  156 cm
  • 事務所   エイベックス・AY・ファクトリー
バディ
バディ

 安部乙さんは、2000年生まれ。身長は156cmとのことですから岡田結実さんや秋元真夏さんなどと同じくらいの身長になりますね。
 かなり小柄な印象だと思います。


 安部乙さんは、お姉さまの舞台を観たことがきっかけで女優を目指し始めたそうです。
 一度は大手の芸能事務所の最終選考まで行きましたがこれに落選。この時、海外留学を予定していましたが選考のために断念していました。そのため安部乙さんは一度に両方の夢を失ってしまい悲しみにくれたそうです。
 そんな時、お母さまが「劇団4ドル50セント」のオーディションを薦めてくれ、これが最後のチャンスだと思いオーディションを受けて、見事合格を果たします。
 しかし、喜びもつかの間、劇団ではかなり厳しい稽古が待っていたようです。

―この劇団、在籍メンバーの9割は演技経験ゼロで始まったとか。相当、稽古を積んできていると思うんですが、普段の練習はどれくらい?

安倍 大体、週に数回。公演前は毎日でいつも8時間はやってます。内容はその時々で違いますけど、発声や筋トレなど基本に始まって、エチュード(即興劇)、脚本のある芝居の稽古、歌とダンスの練習もあって。

―真剣勝負って、どんな風に怒鳴るんですか?

安倍 最初の頃は特に激しくて「センスないんだからもうやめちまえ!」「今日もできないのかよ!」って。悔しくて、いつも誰かが泣いてたし、中には泣きすぎて過呼吸になっちゃう人もいました。体力的にもきつくて稽古場の隅で毎日3人くらい倒れてる時期もありましたね。あとは劇団員同士で言い争いやケンカもあったし。

https://news.livedoor.com/article/detail/14281708/ より


レディ
レディ

 選ばれた劇団員は、9割が演劇未経験で素人同然だったわけだから稽古は大変だったんでしょうね。
 怒鳴られ、泣き、落ち込み、仲間同士ですら言い合い、ケンカも起きるような感じだと、相当にメンタルが強くないとやっていけないと思うわ。

Mr・GO
Mr・GO

 逆に言えば、それの試練を乗り越えるだけの気持ちの強さを持っている人ばかりが残っているのだろう。「劇団4ドル5セント」は期待ができそうじゃないか。
 稽古中は、その厳しさから倒れてしまう人もいたようだが、安部乙さんは倒れることはなかったそうだ。
 体力はかなりある方なんじゃないかな?


安部乙さんに影響を与えた人物は女優・黒木華さん説

 大手芸能事務所のオーディションを落ち、5000人を超える応募者が集まるようなオーディションに参加……安部乙さんはどうしてそこまでして女優さんを目指そうと思ったのでしょう?
 そこにはやはりお母さまの影響があったようです。

 女優の黒木華さんがお母さんの友達の娘さんなんです。私も幼い頃、一緒に遊んでましたよ。その後、黒木さんが賞を獲るのを見たり、朝ドラに出るたびにすごく輝いて見えて。自分もあんな風になりたいなって。

 あと、お姉さんが大学で舞台芸術を学んでて、時々、家で脚本の読み合わせを一緒にしたんです。それもまた楽しくて。中学の頃には本気で女優さんを目指すようになりました。

https://news.livedoor.com/article/detail/14281708/ より


レディ
レディ

 なるほど、身近に女優さんや演劇に興味を持つような環境があったのね。
 安部乙さんにとっては女優さんという職業がとても身近なものだったのかもしれないわ。安部乙さん自身、学生時代は目立つタイプではなかったらしいから、周囲の人は驚いたでしょうね。
 やっぱり「憧れ」って原動力としてはとても大きいものよね。

 目標は朝ドラに出演することらしいわ。
 ちなみに理想の女優さんは、やっぱり黒木華さんみたいよ。


安部乙さんの女優としての強みはポジティブさ説

バディ
バディ

 アクションが得意な女優さん、ラブコメが得意な女優さん、泣きの演技なら右に出るものはいない女優さん。女優さんと一口に言っても、色々なタイプの人がいるものですが、安部乙さんは、女優としての自分をどんな風に見ているのでしょう?


切り替えの早さですかね。結果がダメでも決してあまりネガティブに考え込まない。
もちろん、その時はめっちゃ悔しいんだけどすぐ次に頑張ろうって立ち直りますね。

https://news.livedoor.com/article/detail/14281708/ より


安部乙さん、彼氏はいない説

Mr・GO
Mr・GO

 石原さとみさんに似ているとも言われる安部乙さんだが、彼氏についてはどうなのだろう? 実は今のところはいないらしい。
 しかし「劇団4ドル50セントは恋愛禁止ではない」ということなので、恋愛は自由にすることができる。つまりいつ彼氏や恋人の噂が出てきてもおかしくはない。
 これに対して、安部乙さんはこんなことを言っている。


実は今すごく彼氏が欲しいです(笑)。
でも恋愛に慎重なタイプだし、相手ができるかわからないけど。

https://news.livedoor.com/article/detail/14281708/ より


Mr・GO
Mr・GO

 これからどんどん忙しくなっていくと思うが、それを支えてくれるような彼氏ができるかな? それによって安部乙さんの仕事ぶりも変わってきそうだな。

コメント