【女優】元NGT48北原里英さんの悩みに千鳥・大悟の言葉が刺さる?

この記事は約3分で読めます。

バディ
バディ

 千鳥さんがMCを務めているABEMAのバラエティ「チャンスの時間」で「大悟の人間性検証ドッキリ」を実施されました。ゲストは元NGTの北原里英さんで、北原里英さんが仕掛け人となって大悟さんに悩みの相談を持ちかけました。


 番組の収録前、喫煙所でタバコを吸う大悟に、北原は「何事にも最近自信がない」と相談を持ちかけた。「お芝居とか、普段はあまりしないジャンルの仕事場に行く時ってどんなモチベーションで行かれていますか?」と質問する北原に、大悟は「『手応えあった』『これは良かった』って思って帰ったことはないよ。結局、何でもいいのよ」とアドバイス。さらに「完璧になろうと思わず生きてたら、自分が完璧に近付いてるかもしれんし。ホント簡単なことで、死ぬ時にわろうときゃ勝ち。だから気にせず生きて」と悩める北原にエールを送った。

 検証VTRを見終わった北原は「今日から帰りにスタッフさんの目を見て、自信を持って帰ろうと思いました」とコメント。大悟からの「刺さった言葉はどれ?」という問いかけに対して「今回使われてなかったんですけど……」と、VTRにはなかった言葉が印象に残っていると明かした。

「普段しない仕事へのモチベーションの保ち方を聞いたら、『選んだ方が悪いって思うようにしてる』って。そんな考え方があるんだって思って……」と大悟の“隠れ名言”を語った北原。これにノブが「カッコイイね!カッコイイというかおもろい」と絶賛するも、大悟は「最悪やん。おもろもないし、仕事に対して失礼やし。良くないってあんなもん。逃げ逃げの人生やん、そんなん」と発言を深く自省している様子だった。

千鳥・大悟、仕事に悩み元AKB48北原里英の悩みを解決 オンエアされなかった“隠れ名言”


レディ
レディ

 ふむふむ、つまり質問は

Q「普段はあまりしないジャンルの仕事場に行く時ってどんなモチベーションで行かれていますか?」

 というものね。自分の得意な分野じゃなかったり、そもそもやりたくない仕事を依頼された場合、どんな気持ちで仕事場に向かえばいいのか? ということよね。
 こういうことって普通の人も多いんじゃないかしら? これに対して大悟さんの答えは……

A「完璧になろうと思わず生きてたら、自分が完璧に近付いてるかもしれんし。ホント簡単なことで、死ぬ時にわろうときゃ勝ち。だから気にせず生きて」

 完璧になろうとせず、肩肘張らずに頑張れって感じかしらね? 確かにあまり意気込みすぎると疲れちゃって、他の本当にやりたい事に影響を及ぼしてしまうかもしれないものね。前提としてしっかりやるべきだろうけど、楽しむくらいの余裕は必要なのかも。

バディ
バディ

 大悟さんの人間性が見える回答だったような気もしますね。
 もっとも、北原里英さんに刺さった言葉は

「普段しない仕事へのモチベーションの保ち方を聞いたら、『選んだ方が悪いって思うようにしてる』って。そんな考え方があるんだって思って……」


 のようだったようですが。
 まあ、今回は運が悪かった、でも頑張ろう……という感じですかね?
 仕事の結果は選んだ方、選ばれた方の両方が作り上げていくものですから、やはり自分だけで抱え込まない方がよいのかもしれませんね。

 北原里英さんは大悟さんの言葉で、仕事へ気持ちが変わっていくでしょうか? 今後の彼女に注目したいですね。

コメント