【女優】渡辺麻友さんの潔さに称賛の声多数

この記事は約3分で読めます。


バディ
バディ

 AKB48の元メンバーの渡辺麻友さんが芸能界を引退を発表したその後の潔さが話題となっているようです。


 AKB48から女優に転身し、1日に芸能界引退を発表した渡辺麻友(26)の公式SNSが、1日深夜までに次々と閉鎖された。

 公式サイトは1日に「『渡辺麻友OFFICIALSITE』閉鎖のお知らせ」と題し、「当サイトは、2020年6月1日(月)をもちまして閉鎖させていただきました」と通知。渡辺の大好物である唐揚げをアカウント名に盛り込んだ「@karaage_mayu」のツイッターも、アカウント削除を意味する「このアカウントは存在しません」のコメントが表示されるようになった。インスタグラムのアカウントも削除、所属事務所「プロダクション尾木」の公式サイトからも名前が消えた。

 渡辺は所属事務所が1日に芸能界引退を発表した後、自身のツイッターで引退を報告した。「私事ではありますが5月31日付けで長年お世話になりましたプロダクション尾木を退所し、芸能のお仕事を離れる運びと致しました。これまで関わって下さった皆様、応援してくださった皆様、誠にありがとうございました!世間ではまだ大変な状況が続きますが、皆様くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい」。これが芸能人・渡辺麻友としての最後のメッセージとなった。

 17年にAKB48を卒業した渡辺は、卒業シングル「11月のアンクレット」で、曲の最後にステージにマイクを置く、山口百恵の引退時を思い起こさせる振り付けが話題となった。しかし、今回はSNS上には一つの痕跡も残さず、去って行った。これ以上ない引き際の潔さに、ツイッターでは「最後までヲタに弱いとこを見せなかったな かっこいいまゆゆのままで終わってしまった」、「まゆゆ引退発表からsns、公式サイト閉鎖で即退くの美しすぎないか?」と称賛の声が寄せられている。

公式サイト閉鎖、SNS削除…まゆゆ 痕跡残さぬ去り方にも称賛「即退くの美しすぎないか?」より


レディ
レディ

 引退発表を機にSNSを閉鎖して、アカウントも削除。
 立つ鳥跡を濁さずとはまさにこのことね。
 潔くてカッコいいと思う。
 渡辺麻友さんは、キレイなまま、アイドルのままいなくなってしまったというわけね。


潔くて彼女らしい。
まゆゆは最近珍しいくらい、ザ・アイドルって感じだった。
AKBがらみは特に好きではないし、興味もないけど、この人はスキャンダルもなく、アイドルを全うした人で、感心してました。
芸能人、政治家は見倣うべきです。
今回の決断も真面目で頭が良いまゆゆらしいです。


Mr・GO
Mr・GO

 しっかりアイドルを全うして、ファンにアイドルの面だけを見せて、夢を壊さないままに引退する。なかなかできることじゃないと思う。渡辺麻友さんには、次のステージで頑張ってほしいものだ。

コメント