【女優】猫好きの葵わかなさん、白猫ヴィクトリアを演じることに!

この記事は約3分で読めます。


バディ
バディ

 全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回。世界中でロングラン公演されているミュージカル「キャッツ」の実写映画版(2020年1月24日(金)全国ロードショー)で、主人公の白猫ヴィクトリア役の吹き替えを葵わかなさんがすることになったようです。

レディ
レディ

 葵わかなさんと言えば、テレビにドラマに大活躍の女優さんね。
 過去には、GJ部というアニメの声優もしたことがあるわけだけど、アニメと映画の吹き替えはかなり違うだろうけど大丈夫かしら?


GJ-Bu OVA (Sub Esp)


 GJ部ではジェラルディン・バーンシュタイン役(金髪の女の子)で出演されていました。
 葵わかなさんは、ドラマや映画などの印象が強く、声優のイメージはないかもしれません。
 この吹き替え役の決定にネットの反応はどうだったのでしょう?

わかなちゃんがCATSに関わるとはなんか凄いです。
凄く楽しみにしてる映画だから本当に嬉しい。猫好きには幸せすぎますね!

わかなさん、CATS頑張ってください。綺麗過ぎます。

嬉しいですし、めっちゃ楽しみです。

Twitterより抜粋


Mr・GO
Mr・GO

 葵わかなさんが吹き替えをすることに好意的な声が多い印象だな。
 女優と声優はずいぶん違うとは思うが、葵さんの演技力なら素敵なヴィクトリアに仕上がっているのだろうな。ちなみに葵わかなさんは猫好きらしく、キャッツに出演できた喜びも語っているぞ。


 実写映画版「キャッツ」は監督に『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー、製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグが作る大作となっています。
 葵わかなさんはこの吹き替えに対して「私自身、とっても猫が大好きなので、そういう意味でこの作品と関われて幸せです」と笑顔で述べています。

広告

葵わかなさん、劇中では歌も歌う説

バディ
バディ

 また劇中では葵わかなさんの歌も披露されているらしいですよ。
 葵わかなさんのファンなら、必聴ですね。
 もしかしたら、あまり歌っているイメージがないかもしれませんが、ミュージカルなどでは歌も披露されています。


ロミオとジュリエット #葵わかな #古川雄大 #ロミオジュリエット


Mr・GO
Mr・GO

 なるほど、力強く澄んだ声だな。これはキャッツも楽しみだ。


コメント