【女子アナ】野村萬斎さんの長女・野村彩也子さんがTBS入社はコネなのか? 考察

この記事は約3分で読めます。


 狂言師で有名な野村萬斎さんの長女の野村彩也子さんがTBSに入社することが明らかになり話題を集めているようです。

バディ
バディ

 野村萬斎さんと言えば、映画やCMで活躍し、古典芸能だった狂言を広く広めた人としても有名ですね。
 息子さんとは以前からCMで共演されており、野村彩也子さんも出演したので見たことのある人も多いはず。今回はその野村彩也子さんがTBSでアナウンサーとして活躍をするようです。
 野村彩也子さんは、可愛らしいみためも目を引くところですが、なんでもかなりの才女なのだとか。


「慶応義塾大学卒業の彩也子さんは英国や米国の大学への留学経験もある才女で、さらに’18年の『ミス慶応SFCコンテスト』でグランプリに輝いた美貌の持ち主。局内でもすでに評価が高く、即戦力として期待されています」(広告代理店関係者)

週刊女性PRIME より


レディ
レディ

 趣味はサッカー観戦、美味しいものを食べる
 特技は料理・ダンス・英会話
 マイブームはW杯・荒野活動などのスマホゲーム

 と答えているわ。
 うん、まあ、一般的な大学生って感じ?
 さすが、野村萬斎さんの娘さんってだけあって姿勢はいいし、ダンスなんかもキレキレなんじゃないかしら? 

 恋愛面では、

 もし一目ぼれしたら、《人見知りなのでできません》で、自己流モテるテクニックは《モテないのでわかりません》と、ガードが堅いのか、奥手なのか。

週刊女性PRIME より

 とかなりガードが堅い感じね。
 ミス慶応グランプリだし、これはモテないはずがないけど……?


’18年の『CanCam 11月号』でモデルデビューしているのです。といっても、専属ではなく読者モデルですが、《愛されフェイスの作り方》としてすっぴん風からプロのメイクで変身する企画です。その後も同誌の読モ“インフルエンサー”として活動。現在は削除されていますが、SNSもモデル顔で更新してました。当時は、芸能プロダクションのスカウトも絶えなかったそうです」(芸能プロ関係者)

週刊女性PRIME より


Mr・GO
Mr・GO

 スカウトが絶えなかった……ということは、それを断りTBSのアナウンサーの試験を受けたのか?
 堅実というか、しっかりしている子なのかもしれないな。

 

“デビュー”はもちろん、東京五輪になるでしょう。予定通りにことが進めば、『チーフ・エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター(ECD)』の萬斎さんが演出・企画を統括する開会式に、彩也子さんが現場リポーターとして携わるというものです。間近で父を見てきた、彼女にしか伝えられないレポートが期待できます」(前出・広告代理店関係者)

週刊女性PRIME より


Mr・GO
Mr・GO

 4月に入社して、7月のオリンピックとなるとかなり急な気もするが……今回の野村彩也子さんの件について世間の声はどうなのだろう?
 世の中の声としては「コネ」によるものだという声が多かった。
 それほどのネームバリューが野村萬斎さんにはあるだろう。しかし、慶応卒でミス慶応グランプリを受賞のうえ、各事務所からのスカウトもあったとすれば、単純にコネだけとは言えないのではないだろうか?
 ちなみにこんなコメントもあった。



Mr・GO
Mr・GO

 確かにサッカー好きと答えていたな。
 まだ大学生だし、これくらい単純に応援してもいいと思う。
 これから可愛らしい姿を見ることも多くなると思うと単純に喜びもある。
 彼女の入社がコネなのかどうかは、彼女の仕事ぶりから判断してもよいのかもしれない。

コメント