立川志らくさんの高座名の由来は実はあの人!

この記事は約4分で読めます。

 テレビでは見ないことがないくらい出演されている立川志らくさん。

 落語家さんだということくらいはわかりますが、今は落語よりもコメンテーターをしている印象の方が強いかもしれませんね。

 そもそも「志らく」という名前も変わっています。どんな意味合いがあるのでしょうか? 今回は立川志らくさんを調べてみることにしました。

広告

立川志らくさん・プロフィール

立川志らくさん
  • 名前 立川志らく(たてかわ しらく) 本名 新間 一弘(しんま かずひろ)
  • 生年月日 1963年8月16日
  • 出身地 東京都世田谷区
  • 師匠 立川談志  弟子 本文参照
  • 出囃子 鳩ぽっぽ
  • 落語家 映画監督 映画評論家
  • 落語立川流
  • 事務所 ワタナベエンターテインメント
バディ
バディ

 お父さまがギタリスト、お母さまが長唄を歌うという芸能家庭育ち、落語好きのお父さまの影響で小学生の頃から落語に親しんでいたようだ。

Mr・GO
Mr・GO

 日本大学芸術学部演劇学科に進学すると、落語研究会(日本大学芸術学部落語研究会)に所属する……やはり育った環境というのは大きいのだな。

 4年生の時に同じサークルのOB紹介で 7代目立川談志に入門し、前座名「立川志らく」を名乗るようなったんだ。


「35年前。談志『お前に名前をつけてやる。俺はフランスから帰ってきたばかりでな、パリの市長でシラクという頭の良い政治家がいるんだ。必ず大統領になる。そのシラクから名前をやる。志らくだ。日本で無名でもフランスに行けば有名人だぞ!』合掌」と、師匠である故・立川談志さんから高座名を付けられた。

立川志らく、高座名の由来明かしシラク元大統領悼むより


レディ
レディ

 へぇ、フランスのシラク大統領のシラクからとって名前をつけてもらったんだ! シャレてるわねぇ。

Mr・GO
Mr・GO

 この時のシラクさんは政治家であっても、まだ大統領ではない。それを大統領になると言い切った師匠の立川談志さんも凄い。先見の明があるな。


落語や映画ではどれくらいスゴイ人?

  • 1995年 真打昇進。 真打昇進までは古典、昇進後はシネマ落語を開拓。
  • 1997年『異常暮色』で映画監督デビュー。
  • 2001年 彩の国落語大賞受賞。
  • 2003年 劇団下町ダニーローズを主宰、舞台演出家・脚本家として活動。
  • 2008年 映画専門チャンネルのスターチャンネルでから映画解説者の一員になる。
  • 2015年 独演会「立川志らく落語大全集」を開始(16年かけて203席を演じる予定)
  • 2017年 『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢。上半期のブレイクタレント部門1位。
  • 2019年 10年ほど前よりバセドウ病を患っていることを告白。

バディ
バディ

 テレビで露出が多くなったのは2017年頃から。しかし、それ以前から落語、舞台、映画監督、ラジオなどで幅広く活躍していたのですね。 

 シネマ落語はすでに70本以上も作られているようだ。この他、ガンダム落語などもしているらしいですな。大変興味深い。


【短命】 立川志らく
立川志らく「短命」より


レディ
レディ

 ところで制作した映画は面白かったのかな? 名作?

Mr・GO
Mr・GO

  映画評論でも知られる快楽亭ブラックさんは、つまらない邦画ベストスリーに『異常暮色』をランクインさせている。

 映画監督の大林宣彦は、立川志らくの落語や舞台は好きだが、映画については「許せる」と言っている。…… まあ、参考までにな。


 映画監督としての評価はイマイチのようですが、落語の方は古典はもちろんシネマ落語など作りあげ、弟子の数も 師匠である立川談志を除けば、立川流では一番の弟子の多さ!

レディ
レディ

 弟子が多いってことは、落語家としての力や魅力があるってことよね。

 志らくさんに学びたい、という人が多いってことでしょう?

バディ
バディ

 ですが、 2019年5月20日のTwitterで、自分が主宰する劇団の稽古に一門の弟子たちが一度も見学に来なかったことを嘆き「全員、破門にするか前座に降格するか、である。 どうせ師匠は優しいから謝れば許してくれると連中はなめている。数年前、同じ騒動が持ち上がった時、破門通達したが皆泣いて詫びたから許してしまった。あの時、破門にしとけばよかった」 というツイートをしている。この時は、実際に全員を降格させたようだ。

Mr・GO
Mr・GO

 でも結局 、同じ年の7月1日付で……つまり一カ月半ほどで志獅丸を真打に昇進させ、志奄、らく兵、らく人、がじらの4名を二つ目へ戻している。

 やはり、志らく師匠は優しい師匠のようだな。


まとめ

 立川志らくさんはコメンテーターとして見ない日はないくらい毒舌とキレのあるコメントで活躍をされています。テレビだけでなく、落語でもスゴイ人でした!

バディ
バディ

 やはり師匠の立川談志は志らくさんの将来性をすでに見通していたのかもしれません。だから師匠もシラク大統領と同じ名前がしっくりきたのでしょう。

Mr・GO
Mr・GO

 スゴイ師匠はスゴイ弟子を育てる。弟子がスゴければ、世代をまたいで師匠を知らない人も弟子を通してスゴイ人だと思うようになる。

 立川志らくさんの活躍とともに、一門の方の活躍も注目してきたいな。

コメント